ゲイバーに通う女

昔、ゲイでもノンケでも入店できるミックスバーで飲んだことがある。
そこのママは40前後で10歳は年下の彼氏と店を切り盛りしていた。
たわいない話をしていると、1人の女がまだ小さな子供を連れて入店した。
ミックスバーとはいえ、母子連れは目を引く。
女はカシスオレンジを、女の子はオレンジジュースをそれぞれ頼んだ。
そして、女はカラオケで島谷ひとみの「YUME日和」を歌うと、静かに席を立ち、会計を済ませると消えるように帰って行った。
僕は思わずママに「なんなんですか!今の親子?」と聞いた。
すると、代わりにママの彼氏が「さっきの親子はね、この人の別れた妻と子なのよ。ああやって毎日来て、あたしを睨むの。いつか刺されちゃうかもだわね」と言ってケタケタ笑った。
その女は一言も発さない代わりに歌を歌う。

明日も会えるよ夢日和
その笑顔忘れずにいるのなら

ノンケを好きになったゲイは思い悩むけど、ゲイやバイを好きになってしまった女は女で大変なんだなと、その日わかった。
好きになる相手のセクシャリティは選べない。

3 comments

  1. たかひん様、返信ありがとうございます。
    とりあえず今は、また会う機会があるよう願っています。
    そして友達としてもっと仲良くなることが先決ですね。
    焦っちゃだめですよね。
    彼は一歩引いたところがあるような感じですが、Twitterでは下ネタを言ったりしていて心を開くとまた違う性格なのかもしれません。橋口亮輔監督の映画に出てくる、主人公のような内気さがあります。
    好きでいてもいいんだ、と少しホッとしました。
    ありがとうございます。

  2. はじめまして。
    ゲイの方に恋をしてしまった女です。
    彼は否定しているのですが、それはまだ私が出会って間もないので言えなくて、親しい人からの話を聞くと恋愛対象は男なのかな、という感じです。
    彼がバイであることにかけたいのが正直な気持ちなのですが…
    好きな気持ちはそのまま心にしまっておいて、彼が好きな人がいるならば応援したいというスタンスでいたいと思います。
    彼のことを知りたくて、色々とネットサーフィンをしていたらこちらのブログを拝見しました。
    これからも読ませていただきます。

    1. ネコ様

      好きになるのにセクシャリティは関係ないので、期待もしちゃうし、難しいところですね。
      恋愛と関係ないところで繋がれるといいのですが、とりあえず焦らないで様子を見るのが1番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*