怪獣狂い

円谷プロ全怪獣図鑑
僕はとにかくウルトラ怪獣が好きなのだ。
小さい頃、怪獣図鑑を毎日繰り返し読んで、心底怪獣を愛でていた。
ウルトラマンにはまったく心惹かれず、むしろ敵視していた。
ウルトラマンは「いくら怪獣が悪さをするからってそんなひどい暴力を振るうのか?」と怒りを覚えるほどの、残虐な行為で怪獣を駆逐してしまうのだ。

ウルトラ怪獣シリーズ 59 ツインテール
グドンに半分に裂かれ食べられてしまうツインテールに涙した。

ウルトラ怪獣シリーズ 77 ピグモン
ピグモンの可愛さは反則技である。

ウルトラ怪獣シリーズ 05 エレキング
1番好きなウルトラ怪獣はエレキング。
とにかく美しい。

ウルトラ怪獣シリーズ 47 カネゴン
見た目も心も腐ってるカネゴン。
金の亡者なのだ。

ウルトラ怪獣シリーズ 14 レッドキング
バリタチのレッドキングに性的にときめく。

ウルトラ怪獣シリーズ 03 ゼットン
憎きウルトラマンを瞬殺した無敵のゼットン。

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016
そんな幼き自分の前に新たな怪獣が現れた。
地球の生物ピラミッドの頂点に君臨する神の化身だ。


このゴジラ(1984)を映画館で観賞して、凄まじい衝撃を受けた。
4歳児には、ちょっと刺激が強かった。
火山に落ちていくゴジラ…堪らない。

ゴジラVSビオランテ
このビオランテのビジュアル!
口の中が全部歯!!
今ではバイオハザードやらによく出てきて、そんなに珍しくない表現だけど、当時は斬新だった。

映画パンフレット 「ゴジラ2000(ミレニアム)」 監督 大河原孝夫 出演 村田雄浩/阿部寛/西田尚美/鈴木麻由/佐野史郎
しかし、その後ゴジラ映画がだんだんつまらなくなっていった。
原因はわからない。
自分自身が大人になったのかもしれないし、クオリティも低くなっていったのかもしれない。
「ゴジラ2000(ミレニアム)」 を観て、「ああこりゃもうダメだ」と思った。

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』 主題歌「WHITE OUT」 (アニメ盤)
そして近年、ゴジラがまた面白い。
ハリウッドが再リメイクしたゴジラと、国内でリメイクした「シン・ゴジラ」がヒットすると、アニメ映画まで登場した。
そして、どれも秀作だったのだ!


アニメは3部作になっていて新作が5月18日に公開される。

GODZILLA 怪獣黙示録 (角川文庫)
ゴジラ小説も読んでいるんだけど、これが1番面白い。
こういうものが読みたかったという視点で話が作られていて嬉しい。

GODZILLA 怪獣黙示録 (角川文庫)
大樹 連司(ニトロプラス)
KADOKAWA (2017-10-25)
売り上げランキング: 1,969

やっぱりゴジラが好きだ。
鳴き声に濡れるほど。
ゴジラゴジラゴジラゴジラゴジラゴジラゴジラゴジラゴジラゴジラゴジラ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*