オーブンクレイの悲劇 / Tragedy of Oven-clay

去年、オーブンで焼いたら硬くなる粘土、オーブンクレイをつかって、いろいろつくってみた。
イラストをスマホに印刷するだけじゃなく、もうちょっとハンドメイドらしいこともやりたくなったからだ。
昔から粘土を触ることが好きだったから、ノリノリである。
でも、びっくりするぐらい反響がなくて、「あ、俺は何か作ってはいけないものを作っているんだな」と悟った。
お洒落なものを作らなきゃいけないとわかっているのに、油断するとすぐキモかわいいに走ってしまうのだ。

以下、オーブンクレイで作った汗と涙の結晶を紹介する。

マッコウクジラ
マッコウクジラ。あまりに地味で誰の目にもとまらなかった可哀相な子。

シロナガスクジラ
シロナガスクジラ。マッコウクジラには勝った地球最大の哺乳類。

シロクマ
仲の良いシロクマの兄弟。

小鳥
アーティスティックなミニバード。

マナティ
マナティ。何の生物か伝わらない妖怪感。

シロクマ
彫刻に数時間かかるシロクマ。

ネコシロクマタヌキブタ
ネコ、シロクマ、タヌキ、ブタ。ブサかわ、キモかわの集まり。

ハゲネズミ
ハリネズミ。体に羊毛を付けて、ボンドで針状にするつもりが上手くいかない。

ハリネズミ
彫刻タッチのハリネズミ。視線が恐怖。

ハリネズミ
この間抜けな世界観が好きだった…。

どんぐり
いつか暇を持て余したら、またやっちゃうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*