僕は20代にいろんな人と会って、いろんな失敗を重ねた結果、彼と同棲して、たまに友達と遊ぶという生活スタイルに落ち着きました。
普段はジムと買い物と犬の散歩以外は家で延々と作業しているために、ひきこもりに近いものがあります。
いや、自分ではそんなにひきこもっているつもりはないのですが、医師は診断書に「ひきこもりがち」とバッチリ書いていました。
「うわ。ひどい」と思いましたが、口には出しませんでした。
僕は人と会うとどうしても数日バテてしまうので、今が1番居心地がいいのです。
逆に、よく昔はあんなにチョロチョロと掲示板やSNSで約束して、人と会ってたなと不思議に思います。
若さゆえのエネルギーなのですが、毎回疲弊して潰れていました。
もうあんまり思い出さないようにしてるので、あんまり覚えていないのですが、恥ずかしくて死にたくなるよう日々です。
「たかひろは…東京に来るたびに何かを失っていくね…」というのは友達の名言なのです。

僕は東京に一体…一体、何を求めていたのだ。

この記事も読まれています。