時空を旅するゲイなれば

誰だって、時空を超えてみたいと思ったことがあるだろう。
いろんな空想するだろう。
奇跡が起きるなら、過去・未来どこへ行って何をしよう。
競馬の結果を記した雑誌を使って、大金を手に入れるような映画もあったけど、僕はもっと夢のある時間旅行がしたい。

未来の老いた自分を目の当たりにすれば、少しは生活習慣を改められるかな。
心臓疾患、糖尿病、認知症…。
あんまり見ると、もう生きる気力を失いそうだな。

「もうそれどうせ無理だから」
チャレンジし続ける過去の自分を引き留めるのはどうだろう。
人生にムダなことなんて何一つもないとは言うけれど、どう見てもムダだったこと、あるね…確かに。
そんなヤツに恋焦がれるなって肩叩いても、あの頃の自分が素直に言うことを聞くだろうか。

嗚呼、それにしても伝えたい。
物心ついた頃からの全自分に告ぐ。
「未来はどうにかなってるから、まあそんなに心配するな。
大人になっても、友達が少なくて、女の子を好きになることもないけど、大丈夫」と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.