テンプレート。
あらかじめ決められたひな形のこと。
一から自分で作ることもあるが、ビジネス文書やブログなんて何かを持ってきて、ちょこちょこと改変して使っている人も多い。
テンプレートは実に、いろんなものに存在する。
どんなに魅力的な作品にだって参考元があるものだ。
短髪、髭はモテるゲイの鉄板だ。
それをルーツだと思うか、がっかりするかは受け取り方次第。
なりたいものがあって、近づきたいなら、既存のテンプレートを叩き台にするほうが早いし、確実だし、情報化社会において正しいやり方だと思う。
僕はいろんな作品を見るようになって、やっと人並みのものを作れるようになった。
たまに、定形フォーマットを見事に昇華させるプロみたいな人間もいて、尊敬する。

それでもこころのどこかでフォーマットのない人間を夢見てしまう。
生まれたときから、なにものでもない原石を。
そんなものどこにもない幻想だと、ずっとわかってる。

この記事も読まれています。