男のフェチは10代の経験で決まる。

フェチとは?

フェチとは相手の一部分に強く性的魅力を感じてこだわってしまうことです。
ゲイにもいろんなフェチがあります。

  • ・顔にこだわる人
  • ・腹筋にこだわる人
  • ・イチモツにこだわる人
  • ・スーツにこだわる人
  • ・競パンにこだわる人

などなど、こればっかりはやめられないというやつです。

しかし、こういうフェチは一体いつ決まるものなのでしょうか?
さまざまな研究が行われた結果、青年期の経験に左右されることがわかりました。

フェチは性衝動と共に生まれる。

あなたは初めて性衝動を覚えたきっかけを覚えていますか?
僕が初めて性に目覚めたきっかけとなったのは、カンフー映画でした。
それまで無垢だった世界に卑猥な稲妻が走るのですから、そりゃ相当に好きなものに違いありません。
僕は毛フェチなところがあるのですが、そう言えばカンフー映画の主人公は毛深かった。
フェチは性衝動と共に生まれます。

フェチは成人した段階で完成され、修正はできない。

そして、大抵の男はフェチを育みながら成長し、成人した段階でそのフェチは完成されます。
だから、20代前半を過ぎると、もはや完成されたフェチが変わることはほぼないと言われています。
確かに「好きなタイプが変わった」とはよく聞きますが、「こだわるポイントまで変わった」とはあまり聞かない気がします。
「それが性癖というもの」なのでしょうが、”コントロール”も”修正”もできないなんて、なんだかロマンチックな話に聞こえてくるから不思議です。
大切に温めてきたわたしの変態。

画像出典:The Feast of Fools goes to IML / Michael_Lehet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*