あの日、雨も降ったっけ

生まれた憎しみを抑えられなかった。 きみの息の根を止める様子がスローモーションで沸きあがるのを止められなかった。 きみのようなケモノが二本足でひょうひょうと歩いていくのが現実だった。 わたしの心の底に葉隠れして眠っている…
View Post
Share