最近のワンコロ

6ヶ月になったカート

生まれて3ヶ月弱で家にやってきたポメラニアンのカートも、6ヶ月になりました。
成犬までもう半分です。
あまりに体が小さく、餌もあまり食べないので、発育不全になるんじゃないかと心配しましたが、少しずつ成長しています。

感情の起伏が激しい性格

カートはあごの部分の毛の色が黒いので、離れた場所からはいつも笑っているように見えます。
そんな天使のような顔で、悪魔のような所業も行います。
叱られても、反省することはほとんどなく、スルーが得意です。
元来、ポメラニアンはヒステリックな犬が多いのですが、カートもご多分に漏れず、喜怒哀楽が激しいです。

背中がハゲてる…。

今はポメラニアンの幼犬における「猿期」という毛の生え変わりの時期です。
そのため背中の真ん中の毛が薄くなって、ハゲているように見えます。
1歳を過ぎると美しい毛が生えてくるということですが、とにかく見栄えが悪い状態です。

落ちてるものを何でも食う。

「お前はゴミ拾いをしているのか?」と言いたくなるほど、ビニール袋でも、タバコの吸い殻でも、釘でも、石でも何でも食べようとします。
なんでこんなに意地汚いのか、そんなに腹が減ってるのか。
その一方で、自分のドッグフードは必ず残します。

ドッグセラピー効果で元気抜群

ってそこまでの効果はないのですが、自分を頼りに生きている存在がいると思うと、気を強く持とうという気になります。
自己愛を持て余しているゲイにとって、ペットは支えになるんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*