北欧ドラマ「SKAM」に出てくるゲイボーイが可愛すぎる。(ネタバレなし)


北欧で社会現象になった「SKAM」のエピソード3のテーマは“ゲイ”。
ということで「これは観るしかないだろう」と相成り、早々に視聴した。
ところが、今のところ日本語字幕がないため、有志が作った動画で観るしかない。

友達の前でノンケぶって生活をしていたすきっ歯のゲイボーイが同じ学校のニュートラルなバイに恋したことで、一気に幸せになって、どん底に突き落とされるジェットコースターみたいにアップダウンの激しい物語。
メッセージのやり取りで一喜一憂するリバー・フェニックスの生まれ変わりみたいな主人公がかわいいのだ。
学生時代のノンケ友達がこのドラマのようにゲイに理解があれば、苦労しなかったよな…とポツリ。
でも、このエピソードを観終わった後は、なぜか救われたような気持ちになった。
あと1話で終わりか…という気持ちになるほど楽しかった。

純粋な人も純粋じゃない人も観てる間は純粋になれるドラマ。
すきっ歯な主人公がタイプじゃなくても、これは絶対に観た方がいいぞ。

シーズン5もあるの?
シーズン5の製作は中止されたらしいです。

画像出典: Skam Season3 Trailer

2 comments

  1. Skam、北欧での人気ぶりも肯ける素晴らしいドラマですよね。
    シーズン3のみでなく、1、2、4もとても面白かったです。シーズン5は権利関係の高コストから残念ながら断念されたそうです。リンク先の予告編はファンの創作みたいですな。なんとかして続きが見たいものですが…

    1. >> kappaさん
      シーズン5ないんですか!残念です。
      他のシーズンも面白いらしいですね。
      翻訳された動画探さないといけないのが面倒で。
      日本でも普通に配信されてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください