サインバルタを飲み始めてツラい。

最近、サインバルタという抗うつ剤を飲み始めました。
理由は今まで飲んでいた薬(アモキサン)が原因で、なかなか痩せないからです。
このサインバルタなるものは、「比較的近年に作られた抗うつ剤で、太ることもほとんどない」という噂をネットで見つけて、医師に相談したのです。
目立つ副作用としては、”吐き気”があるらしいのですが、「食べないで済むなら、ちょうどいいやんけ」と服用を開始しました。

すると、初日は元気だったのですが、日に日に体調が悪くなっていきました。
数日後、はっと気づきました。
「これ普通に具合が悪いじゃねえか!」
ベッドの上でジタバタ悶絶して、寝ていられないほどになりました。
アモキサンの離脱症状と、サインバルタの副作用がTENGAのような見事なハーモニーで苦しめてくるのです。
「く…俺にはアモキサンしかないのか…」とくじけそうになるのですが、せっかくここまで耐えたので、もう少しこのままで続けるつもりです。

薬って、離脱症状やら副作用やら、本当にいやなもので、僕も好きで飲んでいるわけではないのですが、僕の体はオプションで改造しないとまともに走れないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください