ことば足らず、ことば要らず

人を怒らせるのが好きだ。
好きな人には軽口ばかりたたいてしまう。
毒舌と言えば聞こえはいいけど、本気で相手を怒らせてしまうことがある。
本気で殴られたこともある。
そうやって相手の地雷を知って、次からは上手く避けるようになるのかもしれない。
しかし、本気でそのまま去っていった人も多い。
ぼーっとただ突っ立って、後ろ姿を見送ったものだ。
ホントなんで怒ってるの?とわからないことも。

タンポポの綿毛が風に乗って一気に流れていく。

あんなにいろいろ喋ったのに、まだ言葉が足りなかったのかな…なんて思いがちなんだけど、多分ちがう。
とにかく何も言わなければよかったと気づくのは、いつもずっと後のこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*