ゾンビアニメ「ソウル・ステーション・パンデミック」の感想(※ネタバレなし)

「ソウル・ステーション・パンデミック」予告編

実写のホラー映画「新感染」の監督が手がけた関連作品なので、観たくて観たくてたまらなかったのだけど、ようやく観ることができた。
アニメーションは紙芝居のように手抜きで、お世辞にも褒められたものではなかった。
でも、物語の展開が早く、オチも秀逸。
あっという間の90分だった。
映画はやっぱり脚本だと思わされる。
ゾンビとの追いかけっこも緊迫感があったが、それよりも韓国社会の荒んだ人間模様のほうが怖かった。

『ブレードランナー 2049』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)
前日に観た「ブレードランナー2049」が3時間近くの大作なのに、全然面白くなかったからか、「ソウル・ステーション・パンデミック」が余計に良作に思える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*