先日、自分が通っていた中学校の横を通り過ぎました。
ろくな思い出がないために、あまり眺めたくもないのですが、ちょうど入口のところに立てられた看板が目に入りました。
「普通のことを普通にできる。それが○○○中学校です。」と書いてありました。
誰が決めた標語なのかはわかりませんが、僕の中学時代の悩みを見事に突いていて、ブルっと身震いしました。
「やっぱりここは俺が行くところじゃない。」と、そろそろと車を進めました。

この記事も読まれています。