その沈黙が悲しい。

「その頃は結構そのことで悩んでいてね…」
なんて友人から言われたことがある。
その時は「なんで、俺に相談してくれなかったの?」
なんて言って憤慨したものだけど、今ならわかるような気もする。
必死になっていると、寡黙になってしまうことは確かにある。

さらには、”言葉を発さないこと”で、話をする人もいる。
「放っておいてくれ」「見守ってくれ」「ツラい」
わかっていても、周囲は寂しい。
その沈黙が悲しい。

2 comments

  1. こんにちは。
    ふと、レスリーチャンの事を思い出し、こちらにお邪魔しました。
    さらばわが愛に心打たれて、レスリーのファンになりました。
    愛しても愛し足りない、決して実らない恋。また見たくなりました。
    また来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください