70歳の老夫婦のおやすみチュで覚醒

僕が子供の頃テレビのバラエティ番組を観ていると”70歳になってもラブラブな老夫婦”というのが登場した。
出かける時はキスをして見送り、週末には公園デート、就寝時にはおやすみのキス。
出逢って50年、ジジイとババアとなっても未だに変わらない2人の関係が紹介された。
一緒にテレビを観ていた母は荒んだ心の持ち主なので、「うわっ気持ち悪っ」「こんなヤツの気が知れない」と大ブーイング。
一方、僕は子供ながらに衝撃を受け、番組で紹介されていた老夫婦に本気で憧れを抱いてしまった。
ロマンチックフェチという言葉はないけど、とにかくこの番組に毒され、ロマンチックに生きていくことを決めたのである。

ホモジジイと笑いたきゃ笑えよ。

そのため、彼と付き合って7年経つけど、出かける時には絶対にキスをする。
何と言っても僕はロマンチックに生きると決めたのだから、そんな人間と付き合うのなら彼もそれに付き合う義務があるわけだ。
結局、彼自身もたまたまロマンチックフェチだったために、僕はこのままロマンチック人生を駆け抜ける気満々です。
キモくていいんです。
「ホモジジイ」と他人に笑われても、僕はひたすら己の目指すロマンチック道を極めるのであります。

画像出典:Legally married my partner of 32 years on 6/22/14 in the great State of Illinois. / Ronald (Ron) Douglas Frazier

この記事も読まれています。