デブの服選びがすぐ終わる理由。

デブの服選びは簡単だ。
理由は選択肢が少なすぎて、選り好みする余裕がないから。
僕は普段、ZOZOTOWNで服を購入している。
本当は実店舗で試着してから購入したいのだけど、店の服が全部入らないということが続いたので近づかないようにしてる。
あれは本当に恥ずかしい。


ZOZOTOWNでは、僕のお気に入りブランドのパンツの総数は2713件もある。

こだわりサイズ
しかし、こだわりサイズを追加で指定すると…

232件
なんと、たったの232件になってしまうのだ。
その中から価格や柄で絞ると、もうこれしかないよね…という感じになる。
自分が服を選ぶのではなく、服から自分が選ばれたような気分。
マライア・キャリーや浜崎あゆみみたいにコルセットつければ、着る服も増えそうだ。

それでも、このシステムのおかげでかろうじて服が見つかるようになった。
ZOZOTOWNの一強ぶりはすさまじく、手数料が高かったり、顧客データをくれなかったりするらしいけど、同じようなサイトがもっと増えればいいのになと思う。
ハンドメイドサイトや楽天・Amazonも出店料や販売手数料がツラい。
でも、自前のサイトではお客さんが買わないんだよなあ…。

今、ZOZOTOWNは何を考えているのか?
ナカムラユキ (2012-12-15)
売り上げランキング: 16,364

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください