Coccoの新曲「パンダにバナナ」がヤベえっす。

僕は正直、復帰した後のCoccoにはまったく興味が持てず、ろくすっぽ聴いてこなかったのですが、今回のこの新曲には驚かされました。
安っぽい打ち込みのダンスチューンと、悪意すら感じる画像合成が際立っているミュージック・ビデオ。
その名も「パンダにバナナ」。

これが売れるか、売れないかはよくわかりませんが、久しぶりにCoccoに惹かれました。
もう青臭い曲は書けないでしょうし、中途半端な”おしゃれポップス”やるよりよっぽどいいです。
しかししかし、アレンジが変わっているだけで、メロディ自体は変わらぬCocco節です。
アルバム全編がダンス・チューンということはないでしょうけど、バキバキの曲が多いと嬉しいです。

椎名林檎も昨年、中田ヤスタカを雇って、イメチェンを図ったような打ち込みの曲「熱愛発覚中」を発表していました。
お金はCoccoよりよっぽどかかっているのでしょうが、なぜか心くすぐるのは「パンダにバナナ」なのです。
お金をかければいいってもんじゃないのだよ林檎。

なんだかんだで活動的なCoccoはメンヘラの星なのかもしれません。
いろんなことを超越した彼女が口にする淫語は、いやらしさなど微塵も含みません。

プランC(初回限定盤A)
プランC(初回限定盤A)

posted with amazlet at 14.09.27
Cocco
ビクターエンタテインメント (2014-10-08)
売り上げランキング: 83

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*