宣伝と内容が違う映画

何かと話題の映画「ベイマックス」
宣伝と内容が違うということが問題になっています。
宣伝されているようなハートウォーミングストーリーが主体ではなく、どちらかと言えばヒーロー映画らしいのです。
しかしながら、映画において宣伝と内容が違うことは決して珍しいことではありません。
特にラブコメじゃないのに、ラブコメ扱いされている映画が目につきます。
ラブコメは映画デートのときに観たり、休日にリラックスしたい人が観ることが多いと思います。
そんな人たちをいきなり殴りつける愉快な映画をご紹介します。

「あなたになら言える秘密のこと」

まぎらわしい邦題からラブコメコーナーに置かれることも多いこの作品。
確かにステップアップ恋愛系のタイトルなのです。
実際は戦争の虐殺がテーマのかなり激しい内容なので、苦手な人が観るとトラウマになってしまうでしょう。
すごくいい映画なのですが、戦争映画とわかりづらい、罪作りな邦題です。

あなたになら言える秘密のこと [DVD]
松竹 (2007-08-24)
売り上げランキング: 57,306

「レイチェルの結婚」

アン・ハサウェイ演じる精神を病んだ妹が姉の結婚式をぶち壊すこの映画。
普通のドタバタ映画ではないにしろ、予告篇はそれなりに楽しそうなのですが、実際はかなりシリアスなシーンの連続で笑うどころではありません。
僕は最後まで笑えなかったのですが、メンタルを病んでいる人にはいろいろ訴えかけてくる名作なのです。

レイチェルの結婚 コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-05-26)
売り上げランキング: 65,974

「ラブ&ドラッグ」

これもアン・ハサウェイが心を病んだ女として登場します。
アン・ハサウェイは病んだ役がよく似合うということなのでしょうか?
初っ端は確かにラブコメなのですが、途中で一気にメンヘラドラマに突入します。
病める彼女に苦しむ彼氏。
世界中の初々しいカップルがデートでこれを観たんだろうなと思うと、ニヤニヤしてしまいます。

ラブ&ドラッグ [DVD]
ラブ&ドラッグ [DVD]

posted with amazlet at 14.12.25
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012-03-02)
売り上げランキング: 70,402

ディズニー ベイマックス ビジュアルガイド

どうでもいいことですが、僕の体のベイマックス化が止まりません。

画像提供:ベイマックス オリジナル・サウンドトラック (初回生産限定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*