アドバイスなんて誰のためにもならない。

PAK93_atamawokakimushiru20140322

「こんなことで困っている!」なんて見聞きすると、僕はすぐにアドバイスをしてしまう癖がありました。
しかし、アドバイスをしたところで大抵は
「でも、こんなんだから無理」「それならこうしたら?」
「それでも、こんなんだから無理」「それならこうしたら?」の無限ループに陥ります。
その挙句、「プライドを傷つけられた!」という風に相手が感じ取ってしまい、険悪なムードになってしまうことも多々あります。
「そんなのわかっている」と逆上されることも珍しくありません。
相手が必要な情報が明確で、その情報を提供するなどといった場合をのぞいて、基本的にアドバイスはしてはいけないのです。

相手が求めているのはアドバイスをくれる人ではなく、愚痴を聞いてくれる人です。
その愚痴を延々と聞く、しかも意見することもせずに…。
それはお金を取ってもいいくらいに、1番精神的に疲労する行為であります。
しかし、相手は「ちょっと話聞いてくれるくらいいいじゃん!」という感覚なので困ります。

それでも、恋人や家族、友達がうだうだ言ってると、思わず「!!」となってしまいます。
まあ僕の過激なアドバイスなんて、そもそも当てになりませんが。

この記事も読まれています。

スポンサー広告

← Previous post

Next post →

1 Comment

  1. Whoever edits and pulsbihes these articles really knows what they’re doing.

コメントを残す

© 2016 POTI.ONE-ONE / ぽちわんわん