断捨離し過ぎると、心が貧しくなる。

手狭になった家に住んでいると、場所をとることは罪になる。
読み終わった本はすぐ手放すようになった。
これはもう必要ないなと判断した資材もすぐ捨てる。
あとでまた必要になったら、その時買えばいいし。
返す返すもこの部屋で場所をとることは罪なのだ。
同じ要領で時間や心を占有するものも厳選するようになった。

数年前の空前の断捨離ブームで知り得た自己啓発の指南に僕も影響を受けた。

整理して、課題をこなすことは、一種の快感を生むせいか、中毒性がある。
あれもこれも捨てたくなる。
1秒だって、眠ってる時間だってムダにしたくない。
どんどん家を片付けて部屋を空っぽにしちゃったミニマリストの気持ちがわかるようになっていった。

でも、やがて気づいた。
ムダなものがないと、心が貧しくなる…。
買い物に失敗したり、無意味なやり取りに時間を浪費することにも意味はあったのだ。
前向きなことだけじゃなぜだろう。
大切な声が響かなくなる。
そして、人生がつまらなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.