天才なのに評価が低い男性シンガーソングライター10人

NO.5「広沢タダシ」

デビュー当初は、椎名林檎のプロデューサーである亀田誠治のプロデュースでロック色の強い曲を歌っていました。
インディーズに移ってからは、本来、本人が得意だったアコースティックサウンドが主になりました。
時々すごく説教臭く感じる応援ソングもありますが、リスナーを励まし励まし励まし続ける曲に癒やされるファンが多いようです。
僕は亀田誠治と作っていたギターがガンガン鳴っている曲が好きです。

喜びの歌
喜びの歌

posted with amazlet at 14.04.27
広沢タダシ
EMIミュージック・ジャパン (2002-02-20)
売り上げランキング: 118,625

NO.6「伊藤文暁」

ストレイテナーのホリエアツシの声をもっと甘くしたような声が特徴的な伊藤文暁。
その甘い声で引っ張りだこなのか、ヴォーカルとしてバンドを転々としています。
serial TV dramaのヴォーカルを経て、現在はanother sunnydayのヴォーカルである彼ですが、ソロでも1枚だけミニアルバムをリリースしています。
このミニアルバムは歌もので、UKロックでレディオヘッドやコールドプレイが好きな人にはたまらない作品です。
正直、僕にとっては彼のバンドの音楽はわけがわからなくてビミョ~に感じるので、ソロ1本でやってほしいくらいです。

frienemy
frienemy

posted with amazlet at 14.04.27
伊藤文暁
DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT (2012-05-23)
売り上げランキング: 307,308

5 comments

  1. 森広隆はギタリストとしてもシンガーとしてもレベルが低い
    引き出しも少ないし
    charに憧れてギター始めましたレベルだと思うが‥

  2. はじめまして。N女史と申します。偶然「映画」カテゴリーからこのプログを知ったのですが、すっかりハマッてしまいました(笑)
    時折拝見させてくださいませ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください