手紙とわたし

プレゼントにも☆シーリングスタンプ ワックス セット 封蝋 映画 ハリーポッター 魔法学校 ホグワーツ 校章 手紙 便箋 封筒 シール【GreeParty】

わたしは波がある。
わたしはわたしを信用できないことがある。
放った言葉は飛んでいってもう戻ってはこないけど、追いかけて訂正することはできるわけで。
できるわけで。
わたしは手紙を書きました。
その手紙を郵便ポストにいれて一晩寝たら気持ちが変わりました。
だから、相手の家の郵便ポストの前で待ちました。
やっと来てくれた郵便屋さんが去ったあと、自分がしたためた手紙を手に取り帰りました。
あの日「渡さなくてよかった」と安堵した手紙は、5年後に「渡していたらどうなっただろ?」という手紙になって、10年経った今は「渡していればよかった」という手紙になりました。
でも、15年後は「やっぱり渡さなくてよかった」手紙になっているのかも。
わたしはわたしを信用できないことがある。
だからわたしはわたしが面白くてたまらんとばい!

この記事も読まれています。

スポンサー広告

← Previous post

Next post →

3 Comments


  1. あ、ゴメン、この記事だった(´д`;)

    • ひどいばい〜ひどいでえ〜(;_;)
      あたいそぎゃんこと言われたらお嫁さ行けねえだ
      なんくるないさーばってんばってんじゃけえのう!!

  2. 相手の家の前で待ってたん?
    結構長い時間待ってたんじゃないの?(^ ^;)

    追伸:前記事のチェックシャツのボタンが吹っ飛びそうで心配です(笑)

コメントを残す

© 2016 POTI.ONE-ONE / ぽちわんわん