手が痛むために、週末のイベント向けの作品が作れない。
当日、物販ができるのかも微妙な感じ。
粘土をこねることはしばらくは諦めるしかない。

先月から突然、粘土をこねだした。
粘土にはずいぶん前から興味があった。
子供の頃、お湯で数分間やわらかくなる“自由自在”という粘土が好きだった。
“自由自在”は今もあるらしい。
それから20年の間に粘土は進化を遂げていた。

“形が出来たらオーブンで焼き上げる。”
“お湯でやわらかくなる粘土で型をとり、その型を使って量産する。”
聞いただけで、胸がドキドキ高鳴る。
なぜ今までやってなかったんだろう!
iPhoneケースの販売の傍らで粘土を1日12時間こねまくる。

それが引き金で左手に激痛が走り、手根管症候群になってしまった。
バカ過ぎる。
粘土のことを考えただけで幸せになれるのに、思いばかりが募って何も進まない。
iPhoneケースの売上がいいことが救いだけど、どうにもイライラしてしまう。

この記事も読まれています。