ラムジの悲劇

“いいものが認められない”ことなんて珍しいことではありませんが、自分がよく通ったお店やよく聴いていたバンドが売上の不振を理由になくなってしまうと寂しいものです。
最近は、最寄りの駅前のパン屋さんがなくなってしまいました。
ある日、突然「テナント募集」の貼り紙があると愕然とします。

とてもいい曲を作るラムジという人たちがいたんです。

去年、ラムジという音楽ユニットが解散しました。
活動期間は、2005年から2013年までの8年間でした。
ヴォーカルの甘い声と丁寧に作られたポップソングを得意とし、楽曲はデビュー時にすでに完成されていました。
それもそのはず、楽曲を作っている井上慎二郎は経歴が長く、過去に反町隆史の「POISON〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜」なんかも作ったことがあるようです。
スピッツなど草食POPSが好きな人にはたまらない質の高い良曲をどんどんリリースしていたので、これはそのうちヒットを飛ばすんじゃないかとワクワクしていたのですが、結局知名度は上がりませんでした。
そこには「ただ上質なだけでは売れない」という残酷な世界が垣間見えます。
ここは日本だけあって、聴き馴染みのいいJ-POPを好む人が多いです。
ラップやヒップホップ、ハードロックなどに比べると、1番売上が高いジャンルです。
しかし、当然ながら作っている人の数も多いので、競争率は高くなります。
地味だったと言われればそれまでですが、継続して活動できるぐらいにはならなかったのかと思ってしまいます。
ヴォーカルは潔く歌手を引退して、一般人として就職しました。

THANK YOU SO BEST (ALBUM+DVD)
THANK YOU SO BEST (ALBUM+DVD)

posted with amazlet at 14.04.18
ラムジ
cutting edge/Revolution Recordings (2013-02-06)
売り上げランキング: 131,203

2 comments

  1. え~~っラムジ
    解散したんだぁ。結婚したからか
    ねぇ。
    北九に、戻ってしまったんちゃ。
    どぉーして君を、好きになって
    しまったんかねぇ。ラムジ君

    1. あっやっぱたかたかさん知ってました?
      カラーボトルも懐かしいですよねww
      かわいかったのに寂しい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*