korekoso rock da!

Baseball Bat Tenderness

ライブの帰り道。汗でグッショリのシャツは脱いだものの着るモノが1枚減ってしまった。
真向かいからの強い風が体温をうばう。寒い。寒い。これが北風。

昨日はモーサム・トーンベンダーのライブに行った。
モーサムのライブは初めてだった。
学生時代にCDを初めて聴いたときの衝撃を思い出した。
轟音のギターに脈打つベースと激しいドラムが絡み合う。
グルーヴだあ。これがグルーヴ感ってヤツだあ。カンドウ。
回るミラーボール、フラッシュたきまくりの照明のなかで陶酔しちまった。

近所のイチョウは風が吹くたびに葉を落とす。
そして、太くて大きな幹が顔をだす。
音楽は音を足していきなら派手なアレンジにしたり、いろんなことが出来る。
それももちろん楽しみの1つ。
でも、いろんな飾りをそぎ落としたとき楽曲の本質が見える。
昨日のライブには3人だけの演奏でここまで魅せられるぜって自信を感じた。
これこそロックだ。

親富孝の居酒屋で鶏の軟骨食いながらそんなことを話していると、隣のテーブルからも音楽の話が聞こえてきた。
ライブハウスが近いからかなあ。
いつかじいさんになって俺が死ぬとき、その部屋ではきっと音楽が流れていると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*