中学生の頃、仲が良かった女が卒業後すぐに首を吊って自殺していた。
僕は中学の連中とは付き合いがなかったので、ずっと知らずに過ごしていた。
自分のことで必死だったのだろう。
彼女も不登校だったことすら知らなかった。
いかにもいじめられそうな人だったので、不登校になっていても驚きはしない。
しかし、首を吊ったことには少なからずショックを受けた。

通信制高校で卑屈に過ごしていた僕の方がまだ器用だったのかもしれない。
どのくらい感覚が麻痺すれば、死の恐怖を超えてしまうのだろう。
弔う気持ちよりも、そんなことが頭に浮かんだ。
どんなに抗うつ薬を飲んでも、わりと意識がはっきりとしている僕は現実の世界に残ってしまった。
だから、生きていくのである。
どんなに諦めても、命は捨てられない。

この記事も読まれています。