アイ・ラブ・ユー (CCCD)

今日、BREATHというユニットが2003年にリリースしていたアルバムを買いました。
10年前にテレビドラマ「ぼくの魔法使い」の主題歌だった曲「アイ・ラブ・ユー」が聴きたかったんですが、いつの間にかそれも忘れていました。
今日、ブックオフで発見し、思い出しました。
やけに状態のいいブックレットをめくってみると、なになにこのユニットはあの菊池一仁がメンバーなのかと知りました。

菊池一仁と言えば、華原朋美屈指の呪い曲「as A person」を作曲した人ではありませんか。
BREATHといい、「as A person」といい、菊池の曲は良いものばかりじゃないか…と思い、他にはどんな曲を提供してきてるのか調べてみました。
すると、2000年代前半に大ヒットしたJ-POPのタイトルがずらーっと並んでいて、驚きました。
彼こそは、エイベックス黄金時代を支えたクリエイターだったのです。
有名な曲としてはこんなところです。

  • Every Little Thing…「fragile」「UNSPEAKABLE」
  • 倖田來未…「TAKE BACK」「Trust Your Love」
  • 浜崎あゆみ…「Depend on you」「WHATEVER」「appears」「SURREAL」「HEAVEN」
  • EXILE…「O’ver」

僕は倖田來未は1枚目と2枚目のシングルしか好きじゃないのですが、まさにその2枚だけが菊池一仁の作曲なのです。
そして、彼は作曲だけでなく作詞も多々こなしているようです。
そう考えると、華原朋美の「as A person」はほぼ彼の作詞だったんじゃないかなと訝しんでしまいます。
あんなに絶不調だった華原朋美が、あんなに絶妙な歌詞を体裁揃えて書けたとはとても思えません。

ヒット飛ばしまくりだった菊池一仁ですが、最近は提供作品も減り、失速しているように感じます。
近年プロデュースしたalanの結果が出なかったのが、痛かったんじゃないかと思います。
alanはエイベックスがかなり力を入れていましたし、ビジュアルもよく歌も上手かったのに、全然人気が出ませんでした。
この動画のライブパフォーマンスは素晴らしい内容なのに、本当にもったいないです。
alanを舐めたら痛い目にあいます。
「群青の谷」はCoccoが提供した曲(編曲は菊池一仁)なのですが、モグさんはカラオケで気合入れて歌いすぎて、肺気胸で入院するきっかけになるほどの曲なのです。
バカです。

菊池一仁の歌心あるメロディーでもって、”第2の浜崎あゆみブーム”を引き起こしてほしいのですが、いろいろ難しそうです。

Heart of Mine(CCCD)
Heart of Mine(CCCD)

posted with amazlet at 14.05.03
BREATH
エイベックス・トラックス (2003-06-25)
売り上げランキング: 190,082

この記事も読まれています。