近年ではレディ・ガガが日本人と相思相愛の仲ですが、昔から日本人に異常に好かれている海外アーティストたちがいます。
ビートルズやカーペンターズ、セリーヌ・ディオンやマライア・キャリー、t.A.T.u.など世界中で人気を博していたアーティストが当時、日本で人気があることは当然です。
しかし、なぜか本国での人気が下降しているのに、日本でだけ人気が続いていることがあります。

アヴリル・ラヴィーン

アヴリル・ラヴィーン ウルトラ高解像度ポスター14

日本人から愛されているのに、日本人の男が大嫌いという悲しい性のアヴリル・ラヴィーン。
セカンド・アルバム以降、本国アメリカでの人気は下降していきましたが、日本では何故かの根強い人気。
周りにも洋楽はあまり聴かないけど、アヴリル・ラヴィーンは好きという人は多いです。
日本では売れ続けているために無視するわけにはいかず、最近も来日したようですが日本人アレルギーは克服できたのかは謎です。

ミスター・ビッグ

バンドスコア MR BIG BEST (バンド・スコア)

盛大に日本贔屓で活動をしてきた、また今もそうしているミスター・ビッグ。
アメリカでは一発屋扱いなのですが、日本人はミスター・ビッグの公演に人が群がります。
ちょうど僕と同じ世代のファンが多いです。
メンバー間のトラブルが多く、脱退や解散をしましたが、数年前オリジナルメンバーで復活したようです。
多分に金銭的な理由だと思いますが、その後もほぼ日本で活動しています。
ヴォーカルのエリック・マーティンは邦楽のカバーアルバムまで出しています。
以下がエリック・マーティンの歌った邦楽リストです。
聴いたこともない曲も多かっただろうに、涙ぐましい努力を感じます。
夏川りみをエリックが歌うことに意味はあるのでしょうか?

  • 「PRIDE」今井美樹
  • 「ハナミズキ」一青窈
  • 「あなたのキスを数えましょう ~You were mine~」小柳ゆき
  • 「Everything」MISIA
  • 「Precious」伊藤由奈
  • 「Time Goes By」Every Little Thing
  • 「M」PRINCESS PRINCESS
  • 「I Believe」華原朋美
  • 「雪の華」中島美嘉
  • 「The Voice ~“Jupiter” English Version~」平原綾香
  • 「LOVE LOVE LOVE -ENGLISH VERSION-」DREAMS COME TRUE
  • 「First Love」宇多田ヒカル
  • 「三日月」絢香
  • 「世界中の誰よりきっと」中山美穂
  • 「また君に恋してる」坂本冬美
  • 「CHANGE」福原美穂
  • 「タイヨウのうた」沢尻エリカ
  • 「月のしずく」柴咲コウ
  • 「会いたい」沢田知可子
  • 「地上の星」中島みゆき
  • 「涙そうそう」夏川りみ

この記事も読まれています。