福岡在住のホラー愛好家の僕にとって、怪奇体験が多い犬鳴峠は行きたくて行きたくてたまらない場所なのです。

ダム建設で沈んだ犬鳴村という村があったのですが、「そこは気の触れた村人が住む無法地帯の村だった」というのはさすがに都市伝説であって、作り話なのですが、犬鳴峠では実際に1988年に残虐な殺人事件があり、正真正銘の曰く付きのホラースポットなのです。

同じく福岡在住のホラー好きな知人は、犬鳴峠にグループで行ったことがあるらしく、霊感が強い女の子が気分が悪くなって吐いたという恐怖体験を自慢気に語ってきました。

日本全国津々浦々にあるホラースポットなのですが、臆病者の僕は結局話を聞くだけで、実際に足を運ぶことはなさそうです。

画像出典:a tunnel / tetsuya.y

この記事も読まれています。