とっさの行動に自信がありますか? / Instantly Action

「Instantly Action」

“事故の瞬間に恋人を守って死んだ。”なんて話を聞くと、自分にはそんなことできるのだろうかと改めて考えてしまう。
その瞬間、人間は本能最優先の動物と化す気がするのだ。
普段、理性的な人ほど、イメージとは真逆の行動をとったりするかもしれない。
いの一番に脱出するのだ。
そして、恐らくそれは正しい。
自己犠牲的な行動をとれば、ヒーローにはなれるけど、なってどうするのだ。
悪者になっても生き延びるのが勝ちなのだ。

それでも、「アイ・アム・ア・ヒーロー」じゃないけど、ヒーローに憧れたりする気持ちも正直ある。
僕はとっさの行動どころか、普段の行動がなってない。
「こんなはずじゃなかった!」というのが1995年くらいから続いているんだが、どうしよう。
だからこそ、とっさのときくらいは人の10倍くらいは頑張りたい。
ヒーローになりたいなんて、普段ヒーローじゃない人間でないと思わない。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
花沢 健吾
小学館 (2009-08-28)
売り上げランキング: 40,488

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.