カートが家にやって来た時に言った。「お前を一生守ってやる」と。

2年前、ブリーダーから引き離され、見知らぬ家にやってきたカートは不安と緊張で、数時間眠り続けた。
起きてきた犬を僕が抱き寄せると、必死にしがみついてきた
「お前は俺が一生守る。
お前が死ぬまで俺は絶対に死なない。
死ぬところを見届けてやるから、お前は死ぬまで1人になることは決してない。」
このセリフは僕が小さい頃に、ずっと誰かに言ってほしかった言葉。
そして、恋人君を口説き落とすときに使ったセリフの流用なのだ。
ボギャブラリーがないのかと言われそうだけど、僕にとってこのセリフは世界で1番のアイラブユーなのである。
僕は一年中絵を描いてるだけの男で、甲斐性もないけど、大切なものを長く永く大切にできると信じたい。
僕は沈みいく船から1人しか救出できないなら、恋人君に犬を預けて死ぬことができる。

1 comment

  1. カートちゃん幸せですね。
    きゅんとしました。
    我が家のわんこもぺったりくっついて寝ています。

    映画の紹介を読みたくてお邪魔したのですが、わんこに癒されました。
    たくさん幸せでありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*