絶対に許せない。

誰しも、絶対に許せないと怒りに満ちた経験はあると思う。
でも、どんなに怒っていても、時間が流れるにつれ思いは朽ちていく。
怒りは定期的にアップデートでもして新鮮さを保たない限り、息切れして消えていく。
あんなに憎かったのにどうでもいいんだもん。

昔の事件。
家族を殺された遺族が犯人と面会を重ね、交流したケースがあった。
ついには、死刑となった犯人の減刑を嘆願した。
許したくて、許したわけじゃないだろう。
犯人を許さないとその人は生きていけなかったんだと思う。

絶対に許せない。
絶対に許せない。
そう口にしては思いとどまって、空を見上げてきた。
そして、そんな僕もたくさん人を傷つける。
痛みを知っているのに、優しくはなれない。
僕が最期に許せないのは、自分自身だろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*