グーグルにアダルトコンテンツだと指摘された件

このブログはゲイを声高にして書いているだけに、セクシャリティに関する内容が多い気はする。
多い気はするが、アダルトサイトではない。
この写真も商用利用可のフリー素材なのだ。
どんなツワモノもさすがに抜けないだろう。

しかし、ついにグーグルから「アダルトコンテンツを削除しないと広告を使わせないよ」というお叱りを受けた。
そのメッセージには、ビシッと問題となる記事タイトルが記載されていた。
ゲイの出会い方について書いたものだったんだけど、どこをどう読んだらアダルトコンテンツになるのかわからなかった。
どうも性行為を指す「○ックス」という単語があるだけで、アダルトコンテンツ認定されるようなのだ。
仕方がないので、その「○ックス」の部分を全部「行為をする」という言葉に置き換えてみた。
すると、文章がこんな感じになってしまった。

初めて会ったとき行為をしてしまうと、行為をしてしまうこと自体が目的となってしまい、行為をする相手を…(以下略)

読みづらく、何が言いたいのかよくわからなくなってしまい、面倒くさくなった僕は結局その投稿自体を削除した。
これで満足かよ…。
ツイッターなどのSNSにも検閲が入ってるらしいけど、その判定基準には不満を抱かずにはいられない。

black-and-white-body-boy-235355

キャー!恥ずかしい〜!!この投稿もNGになったりして〜!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.