lonely boylonely boy / tippi t

僕は幼なじみというにはあまりに仲の悪いヤツがずっと近くにいました。
共通点があまりに多かったために、かえってライバル心だけが育ってしまい決裂しました。
歳が同じ。
父親の職場が同じ。
家が近い。
これだけで必然的に遊ぶことが増えます。
それに加えて、ヒステリック。
絵を描くことが好き。
男のくせに女の子の友達が多い。
というなんともゲイライクな共通点がありました。

僕は運動神経が悪いためにまったくできませんでしたが、彼はゴム跳びが大好きでした。
いつも女の子とピョンピョンコやっていました。
また、シロツメクサがマンションの裏にたくさん生い茂っていたときに、よく花かんむりを2人で作って互いの頭に載せていました。
それオカマ丸出しやんけ!それでなぜ仲が悪いの?という感じですが、幼稚園・小学校・中学校とくっついたり離れたり変な関係でした。

彼は美術の授業で僕の絵を上からなぞったようなモノを描くので、それはよくケンカの原因になりました。
アサガオの観察日記や、ピーマンをモチーフにしたポスター…並べて掲示されたときに指摘すると、泣きながら破られたこともあります。
なんで破るの!?俺の方を!?
そんなこんなで「あいつはホモ、俺はノンケ」と思い込むようにしていました。
どこで知り得たのか、ゲイのセックスの方法まで教えてきました。

それから何年も時を経て、存在自体すっかり薄れた頃に元クラスメイトの女の子と再会しました。
「ねえねえ、アイツ早朝の電車で見かけた」と言うので、僕は食ってたうどんが喉に詰まるぐらい動揺しました。
「え!マジ?うっそ。ど、どんなだった!?」と聞くと「うーん。今はホストやってて、中洲から帰宅中だって。すっごいカッコ良かったよ」と目はハートマークでした。
ホスト…それってノンケってこと?

なんであいつがノンケなんだ?本当に女が好きで女といたのか、うーん。うーん。
ゴム跳び。シロツメクサ。好きな歌手は工藤静香。
彼は中1のときにある漫画を描いて、僕に見せてくれました。
「美少女レイプ殺人事件」という過激なタイトルで、あまりに衝撃的で「コイツ、やばい」と震え上がりました。
じゃあ彼はやはり女性に興味があるから、あんな漫画を描いたのかと長年の疑問に納得しました。
しかし、最近恋人君にこの話をすると、「ゲイでホストは結構いるよ」となんとも信憑性のない説を言い出すので、僕はまたわからなくなります。
バイセクシャルあたりがいいのかも。
変態の。

この記事も読まれています。