僕はゲイ。
ゲイとして何か1つ得れば、ノンケとして何か1つ失ったような気がするのはなぜだろう?

僕はノンケ。
ゲイかノンケのどっちかに振りきれたほうが生きやすい気がするのはなぜだろう?

僕はゲイ。
ノンケを諦めてゲイになるのは違うと思う。

僕はノンケ。
ゲイを見限ってノンケになるのも違うと思う。

誰かを好きになったから、ゲイになったはずなのに。
誰も信用できなくなった季節もあった。

「あなたのために僕は明日もゲイでいたい。」

そう言って終わりたい人生。
それはゲイでもノンケでもない世界。
幼い頃に夢見た愛がほしい。

この記事も読まれています。