続・続・ゲイがゲイにオススメするゲイ映画9本

ゲイ映画のまとめ3回目です。

今回はわりと古い作品を9本まとめました。
1回目と2回目はこちらになります。
ゲイがゲイにオススメするゲイ映画36本
続・ゲイがゲイにオススメするゲイ映画11本
古い映画はテーマが恋愛より社会風刺になることが多いです。
それだけ昔のゲイは生きづらかったんだろうなあと思います。

オカマの大騒ぎ「ピープル」

)

ジャケットの印象でまったく期待していなかった作品だったのですが、予想を裏切る快作でした。
大金持ちのオカマの大豪邸を舞台に、イベント業のノンケ同士が蹴落とし合いをするというストーリーではあるのですが、大富豪の姐さんとムダにマッチョな恋人が暴れまくります。
脇役もいちいちキャラクターが立っていて、恐ろしいテンションで観ている人に迫ってきます。
オカマが限界まで弾けている優良作品です。

ピープル(ユニバーサル・セレクション2008年第11弾)【初パッケージ化】【初回生産限定】 [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2008-11-13)
売り上げランキング: 227,510

愛こそすべて「蜘蛛女のキス」

反政府組織のメンバーとして逮捕されたノンケ男と、たまたま一緒の部屋に収監されたオカマの話です。
序盤はノンケとオカマのやり取りが淡々と続くので、この映画は相当退屈なんじゃないかと危ぶんでいたのですが、途中で怒涛の展開があります。
後半はかなり面白かったです。
「昔のゲイ映画って社会派なだけでつまんないわー」と思っていたのですが、昔の映画を舐めていました。
ノンケに恋するオカマにはぜひ観てほしいオススメの1本です。

蜘蛛女のキス スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]
紀伊國屋書店 (2010-05-29)
売り上げランキング: 19,112

なにコイツ!「シャンプー台の向こうに」

美容師だった夫婦が美容師コンテストに出場したのですが、バイセクシャルの妻がカットモデルの女性と駆け落ちしてトンズラしちゃいます。
そのために、コンテストは失格になり、家庭は崩壊します。
それから数年後、別れた妻は自分がガンに侵され余命が少ないと知ると、捨てた旦那と息子に突然「美容コンテストへもう一度一緒に出よう」と誘います。
「よくもまあそんな図々しいことを」と呆れますし、それ以外にも妻のやることやることが無茶苦茶過ぎて見てられません。
敵対する美容師がオカマだったり、レズビアンのカップルも出ているのですが、そこまでゲイやレズビアンにスポットを当てている映画でもなく、どちらかと言えば家族愛がテーマです。
レビューなどで評価が高い映画なのですが、僕は好きじゃありません。

BLOW DRY シャンプー台のむこうに [DVD]
東宝 (2003-04-25)
売り上げランキング: 37,844

この記事も読まれています。

スポンサー広告

← Previous post

Next post →

1 Comment

  1. Jeanette

    I’ve been loiokng for a post like this forever (and a day)

コメントを残す

© 2016 POTI.ONE-ONE / ぽちわんわん