“女”が”男”の「生活力」を気にかけるのは理由がある。

一概には言えないのですが、女が男を選ぶときに、「生活力」を重視する傾向があります。
なぜなら、女が男とセックスをすることは避妊具ができる近年まではずっと妊娠に直結していました。
そのため、セックスをした男に甲斐性がない場合や結ばれない場合は、シングルマザーとなって自分1人で子供を育てることになります。
女はずっとそのリスクを背負っていたので、「収入」や「将来が見える関係性」を本能的に気にかけるのです。
結婚相手にいろいろな条件を求めることは、計算高い行為のように言われることもあります。
しかし、相手選びに慎重になることは理にかなっていて、見極めが上手い個体ほど子孫を繁栄させてきました。

ゲイの男選びは、ノンケの女選びと似ている。

ノンケの男は、自分が妊娠するわけではないせいか、「生活力」より「外見」や「雰囲気」で女を選ぶことが多いです。
それはゲイも同じです。
妊娠や子育てのリスクがないので、ノンケが女を品定めするように男を選んでもとりあえずは困りません。
ゲイも堅実に生きるなら、女の感覚を多少取り入れて相手選びをしたほうがいいのかもしれませんが、「ルックス」で相手を選ぶことは生物学的にはごく自然なことなのです。
ゲイの恋愛は「タイプ」で語られることが多い世界ですが、男が男を選ぶというのはそういうものなのかもしれません。

画像出典:夫夫円満

この記事も読まれています。