DVに悩むゲイは結構いると思う。

近所から男の罵声が長時間響くことがあります。
一緒に住んでいる女はさっさと別れたらいいのにとその度に思うのですが、クリスマスにはクリスマスリースが飾ってありました。
別れたいのに別れられない共依存の関係なのです。

付き合い始めることと同じくらい、別れるということにはパワーが必要です。
精神的にも経済的にも余裕がないと出来ません。
別れても生きていける確証がないと怖くて行動に移せません。
近所の女は他に拠り所がないのかもしれません。

僕は過去に精神的にいたぶってくる男と付き合ったことがあります。
昨今、話題によくのぼる言葉のDVです。
ことあるごとに「穀潰し」と言われ、自分に自信がなくなりました。

DVは傷つけられる方も傷つける方もどちらのためにもならない関係なので別れることが1番なのです。
しかし、別れてもDV男とばかり付き合ってしまう人も多いのが現実です。
親がDV気質だと子供もDVしたりされたりすることが多いと聞きます。
自分を変えていけば、付き合う相手も変わっていくのかもしれませんが、中長期的に生き方を変えていかなければいけません。

男女カップルと違って、内情が見えにくいゲイカップルですが、DVに悩んでいる人は結構いるんじゃないかと僕は思っています。
ロールモデルがないだけに関係が歪みやすいゲイの世界、主従関係なんてのは田亀源五郎の漫画の中で楽しむだけにしておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*