伝えたいことを伝えたいひと

空とぶ化学者とベリー

ここにお世話になろう-そんな病院が見つかった。
俺はパニック障害やうつをわずらってるが、なにせ病歴が長い。
慢性化している。
あたらしい先生と今後の治療方針について話し合った。
いままでの失敗談をした。
俺が申し訳なさそうにしてると先生は言った。
「それは今後にいかせるんだよ」
確かな手ごたえ。
それは“体調がよくなった”とかではなくて、“だいたいこんな感じで生きていけそう”という感触だったり、“こんな感じで生きてもいいんだ”という安堵だ。
病院を出てバス停に向かう。
____からのメールを読む。
病院どうやったかー?
ちゃんと話できたかー?
曇り空。
冷たい風。
携帯の液晶を頬にくっつける。
“こんな感じで生きてもいいんだ”という安堵。

この記事も読まれています。

スポンサー広告

← Previous post

Next post →

7 Comments

  1. takahiro

    nekeくん>

    ひさしぶり。
    病院も相方もフィーリングが大事やと思います。
    しかし、うまくいってる時期があればうまくいかない時期もあるし、人生の山谷は避けられませんね笑

    匡洋>

    ひさしぶり。気にしなくていいさあ^^

  2. コメントするとこ間違えた(泣
    ごめんよう
    下の記事にコメントしちゃいました…

  3. お久しぶりです。いつも秘かに拝見しております(笑)新しい病院といい先生が見つかったみたいで本当によかったですね!!takahiroさんと相方さんの関係いつも読んでてうらやましいです。

  4. takahiro

    まき>

    先生はマジ親切やったばい。
    ガシガシ元気になって、ガシガシやりたいけどなw
    いろんなこと。本腰いれて頑張りたいなあ

  5. takahiro

    ぷう>

    病院落ち着いたけれど
    治療はなかなか一進一退な感じです。
    久しぶり?
    元気してっかな?
    風邪とかひいてないかい?
    なんか月日が経つのが早いような遅いような。

  6. いい先生に出会えて、本当によかったですね。
    無理せず、ゆっくり治してくださいね。

  7. 久しぶりです。
    病院見つかってよかった
    あと相方さんの思いやり。
    ほっこりと温かいね。

コメントを残す

© 2016 POTI.ONE-ONE / ぽちわんわん