Adopt MeAdopt Me / saturnism

小型犬縛りのせいで、保健所の雑種犬が飼えない。

マンションで飼育できる犬のサイズは小型犬まで。
ここに引っかかりなかなか犬が見つかりません。
保健所にいる雑種犬は、中型犬のことが多いのです。

人気の犬種は値段設定も高い。

そこで、仕方なくブリーダーからポメラニアンを飼うことにしました。
恋人と相談しながら探し始めたのですが、最初は「どんな犬でも飼えばかわいい。」という話でした。
しかし、いつの間にか彼は「オスがいい」とか「黒がいい」とか言うようになりました。
そもそも福岡で、10万円以内で販売されているポメラニアン自体がいないのです。
お金を余計に出せば選択肢は増えますが、こんなに犬って高かったっけ?という高額が目につきます。
40万円近いポメラニアンもいます。
一方で、1万円のポメラニアンもいます。
信じられないような価格ですが、200円のダックスフンドもいます。
そして、そこには理由がちゃんと存在しています。
病気や障害を抱えていたり、顔の造形があまり良くなかったり、毛並みが悪かったりです。
そういう犬は最終的に保健所に行って、ガスで窒息死させられます。
すごくシビアで残忍な世界です。
「病気の犬だから買いたくない」という気持ちもわかりますが、ケアすることも飼育の目的とすれば病気で構わないとも思います。

「安くてかわいい健康な犬」である必要性

もちろん、安くてかわいい健康な犬がいいのですが、保健所一直線の病気の犬こそ飼いたい気持ちがあります。
しかし、「わざわざ病気の犬を飼うなんて、さすがにそれは理解できない」ともし言われたら、そこは協力して生活を営んでいるパートナーの意見を汲まなければいけません。
日曜日にブリーダーの家に見学に行ってきます。

この記事も読まれています。