何かから逃げてきた人間たち

ハンドメイドで飯を食えるのかと毎日自問自答している僕ですが、先日九州で行われたイベントに参加してきました。
予想していたより客足が伸び、売上は良かったのですが、会社に属していない不安が拭われる日は遠そうです。
フリーランスとはやりたいことをやりたいようにやりたい人が始める仕事形態のはずなのに、実際は会社に属せない人間が仕方なく始める場合が多いのです。
ここにやりたいことがあったからやってきたのか、それとも何かから逃げてきたのか。
自分は逃げてきたわけですが、それでもここでやってやると思って、生きるために頑張るだけです。
才能のある人間が楽しんでやっていることが一番成功することは当たり前です。
しかし、苦しんだ人間が苦しみ抜いて産み落としたものがたまにホームランを打ったような話もあったりして、勇気づけられます。
まだまだこれから長く人生は続いていくのです。
人は自分が思うほど、早くは死なないような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*