学生時代、ピアスを開けることが大好きな友達がいました。
左耳、右耳、鼻、くちびる。
どんどん増えていくピアスの理由を尋ねると、彼は「自分が変わった気がするから」と笑いました。
彼の大きなピアスホールから広がる闇は今はどうなっているのでしょうか。

僕はピアスこそ開けませんが、現状を打破する願望に始終悩まされている人生です。
一方で、自分以外の人間には変わってほしくないと思ってしまいます。
いつも同じ味を提供してくれる食堂のように、ホッとする存在でいてほしいのです。
自分だけ変わっていきたい、それはただのワガママで叶うはずもありません。
みんな変わっていくし、お互い取り残されたように感じるのです。

この記事も読まれています。