知ってる?最近のCD屋はクーポン券で戦争してること。

NO MUSIC,NO LIFE. AD collective

リスナーのCD離れ。

世界で1番CDが売れる国と言われる日本でありますが、実際はアイドルの売上が異常に多いだけで、その他のアーティストの売上は他国同様に落ち込んでいます。
チャートの数値は数年前には考えられないものになっています。
コンピューターの普及で、人々が音楽をCDから再生しなくなったためであり、自然な流れなのですが、CDという文化の終焉が近づいています。
しかし、まったく0にはならないでしょう。
それは現在もアナログレコードが存在していることと同じ理由からです。
CDは音楽を聴くための道具ではなく、熱狂的なファンが購入するファングッズと化したために、数は売れませんが、逆に完全になくなることもないと思います。
しかし、CD販売だけで商売が成立するほどの売上は既にありません。
実店舗でCD販売を主に営業できているのは、タワーレコードぐらいです。

アーティストのCD屋離れ。

アーティストからしてみれば、CDをファングッズとして販売するなら余計に、CD屋より自分のサイトで買ってほしいはずです。
なぜなら、店舗やWEBのCD屋で販売した場合、売上の数%は手数料として、CD屋に支払わなければいけないからです。
CDが自分たちのファンしか買わない代物であるファングッズというのならば、ファンは必ずサイトを訪れるので、自分たちのサイトで通信販売ページを設けたほうが、売上はすべて自分たちのものになります。
そこで外国のバンドの間ではTシャツやアナログレコードが付いた豪華仕様を数量限定で作り、サインなんかも入れちゃって、自分のサイトで販売することが主流になっています。
CD屋で自分たちの存在を知ってもらって、出来ればそこで買わずに自分のサイトに来て買って〜というのが本音でしょう。

1番困っているのはCDショップ。

アーティストはまだダウンロード販売やストリーム配信ビジネスが急成長したために、そちらも収入源になっています。
しかし、音源ではなくCDというメディアで商売をしているお店はCDが売れないと話になりません。
TSUTAYAやゲオはレンタル事業でどうにかやっていますが、タワレコやHMVはCDがメインなので死活問題です。
おまけに、強敵Amazonが参入してきたので、今までどおりの価格設定だと売れません。
Amazonのマーケットプレイスでは海外の小売店が恐ろしく安い価格で輸入盤を販売しているので、価格競争だけではなくサービスで差をつけるなど工夫が必要です。

CD信者を争奪するウェブショップ戦国時代

そんなCD冬の時代にも、僕と同じか上の世代の人に、数は少ないのですが、まだCDというメディアを愛して月に2,3万以上は購入する「CD信者」がいます。
昨今、CDショップはウェブ販売で、その全国に散らばっている数少ないCD信者の争奪戦を繰り広げています。
そのために生み出された武器はクーポン券です。

言葉巧みにCDを買わせる複雑怪奇なクーポン券

クーポン券という発想自体は昔からありますが、最近のクーポン券は「500円引き券」なんて単純なものではありません。
「○月○日までに○○○○円以上購入されたお客様に、お買い上げ金額の○○%のポイント還元」なんていう複雑でわかりにくい内容なのです。
これには「なるべく早く、なるべく多くCDを買ってくれ」というCD屋の切なる願いが込められています。
そのクーポン券もまったく利用していない客には送りません。
それはまだわかるのですが、たくさん買い続けているお得意様にも送りません。
最後に買ってから、1ヶ月くらい経過した客にとびきりいいクーポンを送ります。
1ヶ月というのが、常連になるかならないかの購入習慣の節目のようです。

CD屋の苦行の旅は続く…。

今年は遂に日本にもSpotify(定額で聴き放題の配信サービス)が上陸するらしいので、CD屋は戦々恐々としているでしょう。
タワレコは毎日でもインストアライブをやったり、タワレコでしか付かない特典をすべてのCDに付けるくらいしなくちゃやっていけないのではないでしょうか。
最近は、TSUTAYAでCDを当日返却でレンタルして近くのスタバでパソコンに取り込んで、その場で返却するのが流行っているらしいです。
安上がりで時間も手間もかからないので、僕もノートパソコンを持つことになったら、即実行したいです。
しかしながら、便利なことが生まれるたびに、さらにCDは売れなくなるんですよね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*