こころの拠り所が欲しくて音楽とか小説とか映画とかにはまり込んでいた。
それが本当に好きだったか、本当に良さがわかっていたのか、かっこよくいたいだけ、じゃなかったのかって聞かれたら答えたい。
「その通り。かっこよくなりかっただけ」だと。
KULA SHAKERと華原朋美のCDが並んでいたCDラックが滑稽で見苦しくてステキ。
でも、そうやって無理して背伸びしないと永遠に手にしなかった音楽があった。
YOUTUBEの全動画が勝てない1曲が眩しくてすげえ、やべえ、すげやべえ。
無理矢理にでも聴いて、それが1%ぐらいは血肉になったのだろうか。

愛しい、愛しい、90年代の苦しい、苦しい日々が長くて、長すぎて、死ぬほど、長い長い日々が、もし、もう一度過ごせてもやっぱり、無駄にしてあっという間におっさんになるんだろう。
そう、奇跡みたいにまぶしいおっさんになるだろう。

この記事も読まれています。