昔、1ヶ月程度で別れた男に「付き合ってみると、ブログと全然違う」言われたことがあります。
実はその前にも「ブログとイメージが違った」と言われたことがあり、「これはどういうことだ」と当時若干悩みました。
まあ、かっこつけたこと書いているわりに、非道だったり、軟弱だったりするんでしょう。

その男はなかなか別れてくれなかったために、僕は嫌われるために手を尽くしました。
ビートたけしの本に”女に嫌われるために畳の上でウンコした男の話”が載っていたので、畳の上でウンコするべきか否か本気で迷いました。
彼はこんなクズが書くブログに何を夢見たのか。
行間にTRUE STORY?なんて、ないない考えてない。

それでもいつか、いつか叶えたい夢が時々にじみ出ているかもしれない。

この記事も読まれています。