ベッドの上で界王拳を使うノンケ

学生時代に童貞だったノンケ友達がついに「初体験を済ませた」という。
「それは良かった。素晴らしい」と祝福してみたものの、どうも顔が浮かない。
やつれている。
話を聞くと、出会い系掲示板で知り合った女とのワンナイトラブだったらしい。
高校時代に純愛を経験したというのが語り草の彼にしては気に入らないシチュエーションだったのかもしれないけど、それならそれでいいじゃない。
しかし、どうもすごく好みのタイプではなかったらしい。
待ち合わせ場所に行くと、すごく好みではない何かがいて、家に連れて行くと頬を赤らめ恥じらっているという。
その瞬間、彼はすべてを諦めたのか開き直ったのか、ああもう!どわああああ!と、悟空が界王拳を使って繰り出すパンチのような速さでパパパパパーと服を脱がせたらしい。
そして、ぐわああっ!どぉん!ぶぇぇ!と大人の男になったらしい。
大丈夫、大体みんなそんなものだと励ましながら、彼の目が新しい獲物を凝視するハンターの目になっていることに気づいて、視線の先を追った。

彼はやつれた顔に充血した目で、学校のパソコンからケツメイシのオフィシャルサイトのファン専用の掲示板を見ていた。
ケツメイシつながりで掲示板から出会って、付き合い、結婚したカップルが何組もいるらしい。
そんなに熱いのかケツメイシ!と僕も一緒になって掲示板をチェックした。
掲示板の書き込み項目に年齢と県名がある。
21歳女、福岡在住、ケツメ歴2年
なるほど、確かに出会えそうな作りになっている。
しかし、これは今しがた君が憂いた“出会い系掲示板”と同じなのではないのか?何が違うのだ?と口をついて出そうになったが何とか我慢した。
数年ぶりに彼をフェイスブックに見かけるとまだ結婚してなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*