秋葉原無差別殺傷事件 – 誰でもいいから構ってほしい –

秋葉原事件 加藤智大の軌跡 (朝日文庫)

通り魔殺人の犯人が手記を出版

秋葉原無差別殺傷事件の加藤智大被告が書いた「解」という手記を読みました。
主に、事件に至るまでの過程を説明してあります。
彼はこの執筆にあたって「弁解のための手記ではない」と前置きしていましたが、遺族が読んだらやはり弁解だと思うかもしれません。

何よりも孤独が怖い。

彼は長い間「孤立」というものに異常にこだわり、囚われていました。
卒業後、退職後にその友人と疎遠になったりすることは誰にでもあることです。
しかし、彼はすぐに絶望し大きく取り乱しました。
見捨てられ不安が強く、常に誰かの存在が見える形でなければいけなかったようです。

人との距離が掴めない

彼は構ってくれる相手を探し、親切な人を見つけても、距離感がつかめず追いすがります。
そして、嫌われていると判断したら、自分から縁を切って次の相手を探します。
掲示板で知り合った女の子に会うために、日本を横断します。
しかし、甘えて抱きついたら、怒られてしまい、気まずくなります
出会い系サイトで知り合った女の子と会話しただけで、いきなり現金をあげます。
職場の人と会話するために、わざわざその人の好きなゲームとゲーム機を購入し部屋に誘います。
同じ理由で高価な車も買います。
友達感覚で女の子に接したり、職場の男を必死に誘うエピソードからは、僕は彼に若干ゲイ的なものも感じました。
でも、実際はゲイというより男でも女でも誰でもよかったんだと思います。
店員から分不相応な高いものを勧められても、人恋しくてローンを組むことも多く、そのために駐車場で払うお金もなくなります。
そのときに、駐車場の管理人から駐車料金を貸してもらっただけで、「社会とのつながりを与えてくれた」と泣きそうなくらい感謝します。
常にギリギリな心理状態で、誰も苦しまないところで苦しんでいる様子がさまざまなエピソードから浮かび上がりました。

人間関係の癖を直す機会が持てなかった。

僕はそんな痛々しいエピソードに共感したくないのですが、二十歳前後の頃の自分はまさに彼の状態でした。
依存しやすいタイプの人間は相手に一方的に尽くすという行動を取りやすいです。
そして、勝手に尽くしておいて、相手のリアクションが薄いと「こんなにしてやったのになんだ!」と逆恨みします。
「仲良くしてください!今から会ってください!次はいつ会ってくれますか!次の約束がないとダメなんです!」
距離感を測れないために、相手にずんずんと近づいていくので、相手は決まって引いていきます。
相手が引いていることがわかるとすぐに自分から絶縁し、次の相手を探します。
この繰り返しで疲弊していくのです。
彼は事件を引き起こすまで、この心理・行動パターンを認知・修正する機会がなかったのです。
心理カウンセリングを受ける必要があったんだと思います。

信じられない抗議の手段

結局、掲示板の世界に逃げるものの、そこでも孤立します。
“自分の掲示板を荒らす素性の分からない相手をこらしめるために”という理由で事件を引き起こします。
「ええ?」という感じで、公判中も理解に苦しむ人が多く、本人もよくわかっていない部分があったようです。
掲示板に書き込んだ事件を実際に起こし、それがTVニュースで報道されているのを見れば、掲示板で嫌がらせをしてくる人間がテレビを見て、「うわっ!自分のせいでこんな事件が起きてしまった!からかうんじゃなかった!警察はうちに来るだろうか。俺はなんてことをしてしまったんだ。」と思うだろうと考えたらしいのです。
このすごくわかりにくいアピール方法は、彼が人に「理由を言わずともわかってほしい」という気持ちが強いことで生まれたようです。
親の育て方が良くなかったから、こんな稚拙な考え方になったと彼は何度も書いていますが、変な親に育てられる人はたくさんいます。
悪循環は、自分の代で断ち切るしかありません。

掲示板トラブルの相手に責任はない。

いろいろと人に尽くしてみたけど、振り向いてもらえなかった経験を持っている人は彼の一方的な献身に何か感じるものがあるはずです。
この事件が起きたことで、掲示板で彼と荒らしがやり合っていた記録は調べられましたが、彼と悶着を起こしていた相手の身元は一切調べられませんでした。
事件と関係はありますが、責任はないという判断になったんでしょう。
まさに空回り、人生のターニング・ポイントに恵まれず、こんな事件を起こしてしまってからでは遅すぎる「解」なのです。

解 (Psycho Critique)
解 (Psycho Critique)

posted with amazlet at 14.05.26
加藤 智大
批評社
売り上げランキング: 221,922

この記事も読まれています。

スポンサー広告

← Previous post

Next post →

2 Comments

  1. That’s a smart answer to a tricky quiseton

  2. Aptpiciareon for this information is over 9000-thank you!

コメントを残す

© 2016 POTI.ONE-ONE / ぽちわんわん