生涯の天敵 / a lifelong enemy

ほとんどケンカしているゲイの友達のようなものがいる。
友達のようなというのは、友達と呼べるかすらわからないからだ。
あえて言うなら天敵だろうか。
12年間ぐらいの付き合いなんだけど、仲が良かったのはほんの数ヶ月、残りはずっとケンカしてきた。
対面でのケンカもあるし、電話やメールでケンカしたことあるし、冷戦状態なこともある。
悪口も相当言って、言い尽くしていて、仲が悪いことはみんな知っている。
疎遠というよりは諍いが絶えなかった。
ケンカの原因はライバル意識や恋愛トラブルとまあろくでもない。
「お前、マジ死んでくれないか」
LINEやメールアドレスを把握していることが不思議なくらい。
それでもお互い歳を重ねて、少しは丸くなったのか最近懲りずにまたやり取りしている。
今のところケンカになっていない。

通常の人間関係は、お互いに相手を気遣いながら構築していく。
それに比べると言葉を選ぶ必要もあまり感じないから気楽ではある。
あまりにケンカしすぎて、悪いところや欠点ばかり知っているから、意外にまともだったことに驚くことすらある。
こういう付き合い方って良くないんだろうけど、ここまでケンカできた青春にカンパイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*