90年代にもっとも嫌いだったジャンル

僕は昔からビジュアル系が嫌いで、LUNA SEAやL’Arc~en~Ciel、T.M.Revolutionくらいしか聴きませんでした。
とにかく、あの歌メロ重視の音楽がどうにも安っぽい歌謡曲だとバカにしていたのです。
昔、ビジュアル系のバンドをやっていた男と付き合ったこともあったのですが、愛想でも「良い曲だね」とは言えませんでした。

それから歳月が過ぎていくなかで、洋楽ばかりを傾聴した時期に気づいたのです。
洋楽みたいなJ-POPを聴くぐらいなら、洋楽聴いておけばいいんだと。
J-POPがJ-POPたる所以は「歌メロ」にあったのだと。

僕は重度の懐古主義シンドロームに陥り、最近は90年代の流行歌にどっぷり浸かっています。
Moon Child、相川七瀬、大黒摩季、モーニング娘。、小室哲哉、ZARD、小松未歩、W-inds.…
そんななか、ついに90年代J-POPの代表格であるビジュアル系にも手が伸びました。
とにかく新鮮な音楽なのです。
インスタグラムで上手く加工された情報が蔓延る現代において、アンチエイリアスのかかっていないギザギザの音が僕の脳に食い込みます。

スピッツを歌う女装子|SHAZNA「Melty Love」

ビジュアル系の音楽と一口に言っても、実際に作っている楽曲は多種多様です。
SHAZNAやサイコ・ル・シェイム(覚えてますか?)は、出で立ちこそ派手ですが、やっている楽曲自体は典型的なほのぼのスピッツサウンドなのです。
どぎつい化粧をしているのに、曲自体はスピッツなのですよ?ありえますか?
昔はそこが許せなかったんです。
Aメロは裏声をアクセントにした凝ったメロディーで、音楽性はかなり高いアーティストなのですが、話題は女装のことばかりでした。

SINGLE BEST SHAZNA & IZAM
SINGLE BEST SHAZNA & IZAM

posted with amazlet at 14.11.22
SHAZNA IZAM IZAM with ASTRAL LOVE
Rock Chipper Records (2007-09-05)
売り上げランキング: 205,776

大人しくなったら許されない?|PIERROT「ラストレター」

メジャー・デビューしたPIERROTのかなり正統派な作りのロック・バラードです。
ミュージック・ビデオにも過激な表現は含まれていません。
ビジュアル系バンドのファンの中には、売れて丸くなることを「裏切り行為」として激しく罰する人がいます。
テレビによく出るようになったからと、化粧を薄くしたりするのはNGなのです。
河村隆一君、君のことです。
PIERROTだけじゃなく、LUNA SEAやX JAPANにもこの曲のような落ち着いた普通の良曲はたくさんあるのですが、本当のビジュっ子はこんなものに喜びません。

DICTATORS CIRCUS-A variant BUD-(初回)
PIERROT
ユニバーサル ミュージック (2005-04-06)
売り上げランキング: 72,090

この記事も読まれています。